会社概要

Company Profile

有限会社 花郷園

所在地

〒183‐0004 

東京都 府中市紅葉丘2-22-4

TEL

FAX

042-361-2832

代表

野口 貴子

営業時間 9:00~17:00 土日 祝日を除く

​直売 開催日

ピンクの○の日が

直売日です。

アクセス

​Access

電車の場合

西武多摩川線 多磨駅より、徒歩10分

代表挨拶

 花郷園3代目になります、野口 貴子と申します。

 

 武蔵野の面影の残る、東京都府中市に生産農場を構え、クリスマスローズ・ベゴニア等の植物の生産・販売を一貫して行う、大正15年

 創業の老舗ナーセリーです。

 

 祖父が大田区六郷の地で花卉栽培を始めたのが始まりですが、花郷園の由来は、その六郷の土地名からきております。

 先代の父、故野口 一也は生産者でありながらも、常に世界の新しい植物に注目をし、日本ではまだ見知らぬ新しい花を導入し、

 ロマン溢れる仕事をし続けて参りました。

 

 1960年代には「セントポーリアの八重咲き品種」「エリカ」「コニファー」「シャクナゲ」等を輸入し、1970年代には

 木立性ベゴニアを世界中より導入。日本でのベゴニアブームを巻き起こしたと言っても良いでしょう。

 育種にも力を入れ、花郷園オリジナル交配品種、プリンセスシリーズ等、栽培をし易い品種も世に生み出しております。黄色の君子蘭に

 も注力しておりました。

 そして、英国のヘレボルス(クリスマスローズ)に魅せられ、この花で日本中のご婦人方を熱狂させたい!と販売を開始し始めたのが、

 1997年。翌1998年には日本クリスマスローズ協会を仲間と共に立ち上げ、メディアや展示会を通じても、クリスマスローズの

 普及に多大なる貢献をしました。

 残念ながら、多くの野望を抱えながらの突然の他界でしたが、その後、父の熱い思いを受けとめ、晴天の霹靂の転職のもと、花郷園を継

 いで6年余りとなる次第です。(1996年現在)

 

 それまでのキャリアーとはほど遠い世界のようでありますが、世界中で見聞きした経験や感覚のもと、航空会社での20年の接客業を活

 かしながら、女性らしい感性で花の育種・生産・販売を致しております。

 

 「食」とは異なり、お花は生活の必須アイテムではないように思われますが、グリーンには自律神経の副交感神経を優位にさせ、

 リラックスさせる効果があると言われております。

 ストレスフルな現代の社会だからこそ、身近にお花を育て、心身共に豊かな暮らしをされることは、とても自然なことでありながら、素

 敵でリッチなことと思います。そのお手伝いが少しでも出来ますよう、皆様に喜んで頂けるようなお花作りを心に、販売をさせて頂いて

 おります。

 

 何かございましたら、些細なことでもどうぞお気軽にご連絡を下さいませ。

 皆様とのご縁に感謝し、どこかでお目に掛かれます事を楽しみにしております。

                      

                                                  花郷園 野口 貴子

​社歴

 花郷園 年 表

 

1926年(大正15年)

   大田区六郷にて創業 花き産業は高級趣向 関東軍御用達花材販売 朝鮮姫百合大量輸出

 

1943年~1945年(昭和18年~20年)

   第二次世界大戦による焼夷弾にて全焼 農園を現在の府中に移す

 

1955年~1965年(昭和30年~40年)

   切り花カーネーション苗販売

 

1974年(昭和49年)

   冬咲きエリカ 「クリスマスパレード」作出、命名 爆発的売れ行き

 

1985年(昭和60年)

   木立ベゴニア導入 現在も花郷園の主要品種

 

1994年(平成6年)

    世界NO.1丸弁君子欄「ジパング」作出

 

1998年(平成10年)

    ヘレボルス(クリスマスローズ)人気始動

    クリスマスローズ協会発足 クリスマスローズの名を日本のお茶の間に広める

    第1回クリスマスローズ展 神代植物公園にて開催

 

2002年(平成14年)

    池袋サンシャインシティにて第1回クリスマスローズの世界展開催

 

2015年(平成27年)

   クリスマスローズの世界展15周年

 

2016年(平成28年)

   クリスマスローズ パピエ作出 ヒデコート系には見られない明るい色合いに成功

 

2017年(平成29年)

 クリスマスローズが日本に普及し20年の年月が経ち、今尚クリスマスローズの人気は続く・・・