クリスマスローズとは

クリスマスローズは、学名ヘレボルス(Helleborus)、キンポウゲ科ヘレボルス属の宿根草を言います。

約20数種の原種があり、ヨーロッパに広く分布し、地中海沿岸からバルカン半島、ユーゴスラビアから

独立した国々を中心に西アジア、中国にも及んでいます。

標高300m~1000m以上の広葉樹の多い森林・石灰質の土壌に自生していることが多い様ですが、

環境適応能力が強い為、山地や開けた草原などにも自生しています。

花に見えている部分は実はガク片にあたり、本来の花弁は退化し、雄蕊の周囲に取り巻く蜜線(ネクタリー)に変化を遂げています。

 

<花の種類>

 

・ シングル    一重咲き 5枚の花弁(ガク片) 

         本来の花弁は蜜線に退化している。見頃を過ぎると、蜜線は散り落ちる。

 

 

 

 

 

 

 

 

・ ダブル     八重咲き 蜜線が弁化し、幾重にも重なるゴージャスな

         咲き方をする。ダブルでありながら、蜜線が残り、多弁化

         したタイプもある。(花郷園オリジナル「レッドサンシリーズ」)

 

 

 

 

 

 

 

・セミダブル   半八重咲き アネモネ咲きとも呼ばれる。弁化途中の蜜線には

         ボリュームがあり、筒状や花びら状の愛らしい小花弁になる。

         シングル同様、時期が過ぎると蜜線は落下する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<株の形状>

 

・ 有茎種    茎が一本立ち上がり、そこから葉や花を展開させるタイプ。

        (フェチダス・アーグチフォリウス・リビダス等)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ 無茎種    葉の茎、花の茎がそれぞれに分かれて伸びるタイプ。

有茎種
無茎種