<病害虫>

 

・ アブラムシ  春と秋には特に、新芽にアブラムシが発生することがある。

        アブラムシの排泄物等から、黒すす病へ繋がってしまう為、未然に防御する。

        「マラソン」「スミチオン」などの全般的に用いられる殺虫剤を使用すると良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ ハダニ    暑くなってくると、葉裏にハダニが付きやすいので、薬剤を予防的

        に散布すると好ましい。ハダニは水に弱い為、水遣りの際、葉裏に

        も意識をし、流れ落とすように行うと効果もある。

 

 

 

 

 

 

 

・ ナメクジ   通常は大きな問題はないが、 開花時には一夜にして、花弁の食害に遇う為、見つけ次第捕獲する。「ナメトール」等

        の粒剤を表土にまいて置くのも良い。

   

 

 

・ 立ち枯れ病  大株にはあまり発生しないように思われるが、特に種まきをした後の発芽苗などが、春先に被害を受けやすい。

        葉っぱが茶褐色になり、株全体に広がり、立ち枯れる。特に春先~梅雨時には、定期的な殺菌剤(「ダコニール1000」等)

        を散布し、未然に防ぐ。

 

 

 

 

 

 

・ 灰色かび病  ボトリチス菌によるもので、秋~春にかけて発生をする。

        菌糸状のカビが飛散するため、発生株付近にも伝播する。殺菌剤を散布するのが有効的。(「ダコニール1000」等)

        また、葉をカットした後、株元に残る枯れた葉柄の断片からもカビが発生する為、株元を清潔に保つことも対策のひとつである。

 

 

 

 

 

 

 

 

・ べト病    カビによるもので、春先~秋にかけ、気温15℃~20℃の多湿

        環境のもと発生し易い。初期症状は茶色っぽい斑点が葉に現われるが、進行すると銀光りを帯びる暗色になる。

        水遣りは乾かし気味に行う。

        発見したら、患部を切り殺菌剤を散布する。「リドミル」「ブリザード」等が有効。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ 軟腐病    暑くなる梅雨の時期位~秋口に発生。

        立ち枯れ病と似通うが、大半の病状がカビによる中、軟腐病は細菌によるものである。地上部は枯れ、株元が腐り、根は溶け、

        腐敗臭を放つ。

        茎の切り口から細菌やバクテリア類は進入する為、断面を乾燥させ、泥の跳ね返りを防ぐことも1つの防御になる。

        葉切り作業は、晴れた日に行い、表土から5cmほどの箇所をカットすると良い。

        感染したら、「ビスダイセン水和剤」などの薬剤を散布する。

 

 

 

・黒すす病   すす病菌というカビが、植物に寄生し、黒いすすの膜で覆われた様

        な症状になる。株が汚れるだけでなく、光合成がスムーズに行えなくなる。

        アブラムシ、カイガラムシ、コナジラミ、等の害虫の排泄物や分泌物、

        などを養分とし増殖をする為、すす病の発生は害虫の寄生を必ず伴っている

        その為、「トップジン」等の殺菌剤を散布の上、「マラソン」等の全般的に

        有用な殺虫剤を散布する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ ブラックデス 黒い斑点の「黒星病」と似通うが、より漆黒のおどろおどろしい

        黒色の筋が現われ、株全体に広がる。害虫が媒体になるウイルス感染で、

        今のところ特攻薬はない為、発見し次第、感染の拡大を防ぎ、全て廃棄処分をする。

        ウイルスを保菌しながらも、発症まで潜伏し続ける為、ハサミの使い回しによる伝

        播は、出来る限り防ぎたい。