​育て方 How to grow

クリスマスローズ

 

クリスマスローズ

学名:ヘレボルス(Helleborus)キンポウゲ科 ヘレボルス属

​基本の育て方

 

・ 置き場所 

秋~春の生育期は、日当たりの良い場所で管理。 半休眠期にあたる、梅雨時期~暑さの残る9月初旬位までは、半日陰で管理 

 

・ 肥料   

暑さが収束し、涼しい秋風がかすかに感じられる頃から、生育サイクルがスタートをする。

この時期から施肥をし、梅雨前には肥料が切れるような形で施す。半休眠期には、無肥料で静かに夏越しをさせる。

 

・ 植え替え 

根が張ってきたら、一回り大きな鉢へ植え替える。

根のボリュームに相応しくない、大き過ぎる鉢のサイズは、内部が加湿状態になり、根の成長を促しずらくなる

 

・水遣り  

用土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れでるほど、鉢内部に酸素を送りこむように、たっぷりとあげる。

夏季の日中の水遣りは根を傷める為、早朝、または涼しい時間帯にあげる。

冬季は、早朝を避け、日が高く昇り、暖かい午前中が適当である。

 

・ 用土 

水はけの良い用土 

例)赤土4:鹿沼土3:ピートモス1:腐葉土1:軽石1等

元肥としてマグアンプの小粒等を用土に混ぜ込み、使用する。

​☆育て方のポイント☆ ​TAKAKO'CHECK

 

★高温多湿の日本の気候の中で、いかに涼しく、避暑地の如く管理をすることが重要です。

★ 一般の草花の芽だし時期は春ですが、クリスマスローズの生育のスタートは秋と考えます

 

成長期は秋のお彼岸~春のお彼岸 

この時期には生育が旺盛になる為、十分に日光を当て、肥料も施し、適宜植え替えをし、成長を促

​TAKAKO'CHECK

​育て方 How to grow

クリスマスローズ

 

クリスマスローズ

学名:ヘレボルス(Helleborus)キンポウゲ科 ヘレボルス属

​基本の育て方

 

・ 置き場所 

秋~春の生育期は、日当たりの良い場所で管理。 半休眠期にあたる、梅雨時期~暑さの残る9月初旬位までは、半日陰で管理 

 

・ 肥料   

暑さが収束し、涼しい秋風がかすかに感じられる頃から、生育サイクルがスタートをする。

この時期から施肥をし、梅雨前には肥料が切れるような形で施す。半休眠期には、無肥料で静かに夏越しをさせる。

 

・ 植え替え 

根が張ってきたら、二回りほど大きな鉢へ植え替える。

根のボリュームに相応しくない、大き過ぎる鉢のサイズは、内部が加湿状態になり、根の成長を促しずらくなる

 

・水遣り  

用土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れでるほど、鉢内部に酸素を送りこむように、たっぷりとあげる。

夏季の日中の水遣りは根を傷める為、早朝、または涼しい時間帯にあげる。

冬季は、早朝を避け、日が高く昇り、暖かい午前中が適当である。

 

・ 用土 

水はけの良い用土 

例)赤土4:鹿沼土3:ピートモス1:腐葉土1:軽石1等

元肥としてマグアンプの小粒等を用土に混ぜ込み、使用する。

​☆育て方のポイント☆ ​TAKAKO'CHECK

 

★高温多湿の日本の気候の中で、いかに涼しく、避暑地の如く管理をすることが重要です。

★ 一般の草花の芽だし時期は春ですが、クリスマスローズの生育のスタートは秋と考えます

 

成長期は秋のお彼岸~春のお彼岸 

この時期には生育が旺盛になる為、十分に日光を当て、肥料も施し、適宜植え替えをし、成長を促

​ー季節ごとの管理のポイントー

品種によるが、ハイブリッド(クリスマスローズ交配種)はひな祭りの頃に生育のリズムが最盛となる。

2月・3月が一番の花の見ごろで、4月中旬から、花の色が退色してくる。

盛りが過ぎたら、結実する前に花茎を切ると、翌年も花が咲きやすくなる。

購入株は3月中旬から4月上旬に植え替え又は地植えにする。

 

この時期は灰色カビ病、立ち枯れ病などが発生しやすいので、風通しよく管理する。

(ダコニール、リドミル等で防除に努める)

病害に感染した場合、病気になった部分を取り除き、薬剤を使用することで進行を抑えれば、根が生きている限り復活する場合もある。

 

また、この時期は特に新芽にアブラムシが発生することもある。

アブラムシはモザイク病を媒介したり、排泄物等から黒すす病を招くこともある為、早めにアブラムシ用の殺虫剤を散布する。

基本は直射日光が当たらない日陰で、極力涼しく管理する。

(クリスマスローズは順応性があるため、強い日射しの元でも栽培は可能)

夏の間は直射日光を避け、木陰やネットを張った場所などに置く。

水遣りは早朝または夕刻に行うのが望ましい。(昼間は夏の暑さで根を痛める為)

 

原種ニゲルは平地の暑さに弱いので注意が必要。

6月下旬から9月半ばまでは半休眠期に当たる為、肥料は与えない。

また植え替えも株が弱る原因になるので行わない。

この時期はハダニが発生しやすいが、ダニは水を嫌うため、水遣りの際は意識的に葉裏にも散水する。

加湿により軟腐病が発生しやすくなる時期でもある。

 

軟腐病になった株は水で媒介するので他の株と隔離し、消毒をしつつ経過観察する。

秋のお彼岸頃がクリスマスローズの生育スタート。

 

10月より施肥を行う。固形肥料又は有機肥料を使用。(花郷園でも販売しております)

 

必要に応じて植え替え、株分けを行うと良い。元肥はマグアンプKがおススメ。

春同様灰色カビ病、立ち枯れ病に気を付ける。

​古葉取り

それまで光合成をした葉は、痛み、横に倒れてくる。古く固い葉は花芽を覆い、成長を妨げる為、横に広がった汚い葉は取り除きカットする。

12月初旬ごろから花芽がつき始めるが、古葉を取ることにより、花芽の成長が促される。

​    クリスマスローズの古葉取り   

​クリスマスローズの育て方 YOUTUBE にて配信中

ビストロン-10

​動画でもご紹介。 花郷園でも使用しているハサミの消毒液です。

クリスマスローズ植物ウイルス病の感染・広がりを防ぐハサミ等の器具類の消毒に大変有効な消毒液です。

株分けや、花や葉を切るときなどに使用する器具類の消毒にお使いください。

<植物に散布する殺菌剤とは異なります>

​TAKAKO'CHECK

​ 極寒の寒さ・積雪により
茎が倒れ、戻らなくなった株
​ 寒さも緩み、復活した株

​冬、倒れてしまっても大丈夫!

※耐寒性のあるクリスマスローズですが、大雪に見舞われ、

氷点下の寒さに当たると土が凍り、花茎が倒れ、

全く復活しないこともあります。

でも、大丈夫!

二三日戻らないこともあっても、根は健全に生きていますので、

活性剤や水も施さず、寒風に当てずに

静観。なにもせずに見守りながら管理すると・・・・

1週間もすれば、問題なく復活しますよ~