​基本の育て方 How to grow

​TAKAKO'CHECK

​ベゴニアは基本を押さえすれば

 育て方はとっても簡単~!

       上手に育てるポイント 人が過ごし易い温度や環境=ベゴニアの好む環境

 

・ 温度 耐寒性はさほどなく、栽培適温は20℃~25℃

    冬季は生育が鈍り、5℃以下になると停滞気味になるが、乾かし気味で育てれば、

    10℃前後でも生育し、開花する。 

    夏期は35℃以上になると、葉を落とす品種もあるが、日よけをしっかりし、涼しく管理をしてあげると

    秋を難なく迎えられる。

 

・ 湿度 ベゴニアは総じて空中湿度を好むものが多く、乾燥すると葉が落ちたり、ホコリダニなどの影響を受ける為、

     スプレーで散水するなど空中湿度を保つようにする。木立性ベゴニアに比べ、根茎性ベゴニアは湿度を好むものが

     多い為、テラリウム向きでもある。

 

 

・ 光線 ベゴニアは半日陰で栽培可能な植物である。比較的弱光線にも耐え得る植物であるが、木立性ベゴニアはやや日照を好む。

​ベゴニアの育て方

置き場所

 

【木立性ベゴニア】

 

春(桜の開花宣言の頃)~秋(霜が下りる晩秋)までは、戸外の明るい日陰、又は木漏れ日が当たる程度の 風通しの良い場所で管理をする。

   室内レースのカーテン越しでも管理ができる。

    強い日差しは葉やけを招く為、よしず等で遮光をし、柔らかい日差しの下に置くようにする。

    盛夏には北側の涼しい場所に避暑させたり、室内の半日陰に移動するなど、猛暑の中にも涼を感じさせる工夫もされると良い。

 

晩秋~冬にかけては室内に取り込み、明るい窓辺で管理をする

 

冬季は日照量が少なくなるので、明るい窓辺でしっかりと日光に当てる。

【根茎性ベゴニア】

 

 根茎性ベゴニアは、木立性ベゴニアより弱光線でも十分育つ。その為、年間を通し室内の明るい窓辺でも管理が可能である。

 品種によっては戸外でも栽培可能だが、その場合は、春(桜の開花宣言の頃)~秋(霜が下りる晩秋)までは、戸外の明るい日陰、

 又は木漏れ日が当たる程度の風通しの良い場所で管理をする。

 

 強い日差しは葉やけを招くので、よしず等で遮光をし、柔らかい日差しの下に置くようにする。

 盛夏には北側の涼しい場所に避暑させたり、室内の半日陰に移動するなど、猛暑の中にも涼を感じさせる工夫もされると良い。

 

 晩秋~冬にかけては室内に取り込み、明るい窓辺で管理をする。冬季は日照量が少なくなるので、明るい窓辺でしっかりと日光に当てる。

 

 根茎性ベゴニアの中には、大変湿度を好む品種もあり、それらは、テラリウムと呼ばれるガラスの容器栽培が好ましい。

 テラリウムは、室内の窓際、半日陰の涼しい場所などで管理をする。

                                                                                                                                                 (※テラリウムの項目を参照)

水遣り

 

  ベゴニアは水をさほど好む植物ではない。

    鉢の表面が乾き、数日したら鉢底から流れ出るほど、たっぷりと水を与える。

   

 夏季は表土が乾いたら行うが、根に負担のないよう、早朝や涼しい時間帯に実施をする。

    

 冬季は成長も緩やかになる為、やや乾かし気味に管理をする。

 

 根茎性ベゴニアには、比較的空中湿度を好むものが多いので、霧吹きなどをし、美しい葉模様を保つようにする

施肥

 

  ベゴニアの生育期にあたる、春~秋にかけて置き肥をする。

    加えて、連続開花の時期には液肥を2週間に1回のペースで実施すると良い。

    35℃ほどの盛夏には、活発な生育も若干小休止するので、その頃には液肥も控え、

    秋のお彼岸過ぎを目安に再開をする。冬季は施肥をストップし、水やりだけ行う。

 根系性ベゴニアは早春に開花するものが多い為、2月頃~施肥を始め、その他は上記と同様に実施をする。

用土

 

 排水性と保水性のある、やや弱酸性の土。

赤玉小粒3:バーミキュライト3:ピートモス2:鹿沼土1:べラボン1 等上記を参考に元肥を混ぜ込む。

 

 根茎性ベゴニアは木立性ベゴニアより根がやや繊細な形状の為、やや軽めの土を好む。

 赤玉小粒をやや少なめにし、パーライト等をその分加える。

                                     

赤玉小粒2:バーミキュライト3:ピートモス3:パーライト1:べラボン1等

植え替え

  

 適期は春~秋ですが、根が張ってきたら一回り大きな鉢へ植え替える。

   

 鉢のサイズに比例し、株立ちも大きくなるので、コンパクトサイズのまま楽しみたい方は、

 根鉢の周囲の土を落とし、根の先端の1/3をカットし、元の大きさの鉢に、新しい用土と共に植え替える。

 

・根茎性ベゴニアは、比較的緩やかな成長である為、頻繁な植え替えは必要はない。

 根茎が鉢から飛び出すように、大株になってきたら、切り揃えるだけでも十分である。

 植え替えをする際は、茎の性質上、口径が広く、浅い平鉢を推奨する。

 

株分け・切り戻し

 

株分け  時期:いつでも

 

切り戻し 時期:9月~11月

※木立性ベゴニアの成長点は葉芽であるのに対し、

 根茎性ベゴニアにはその成長点が根茎に存在する為、切り戻しなどの作業は特に実施しなくても良い

​      ベゴニアの切り戻し     

​ベゴニアの育て方YOUTUBEにて配信中

​テラリウム栽培 Terrarium cultivation

テラリウムとは

Terrariumの「terra」とはラテン語で「大地」「土」を意味し、

「rium」とはそれに関する場所、館のことを言います。

いわば、植物の生息するミニ温室の世界と言って良いでしょう。

 

ベゴニアの中でもとりわけ湿度を好み、光量も少なめでも十分に育成する品種、

またさほど大きくならない小型品種など、テラリウム向き栽培品種もあります。

 

ベゴニアの原種には、これに相応しい品種もあり、

葉が繊毛に覆われた品種は湿度を好むものと考えられます。

 

この小さな温室の様なガラス容器に入れ込めば、

温室がなくとも空中湿度を保つことが出来ます。

 

お庭やベランダがなく、マンション住まいの生活の中でも身近に、

清潔にコンパクトに植物を愛でることの出来る新しいベゴニアのスタイルです。

​容器

苗の大きさと空間のバランスを見ながら、口が広めのガラスの容器を使用します。

 

金魚鉢でもスタイリッシュなものや、

梅酒を漬けるようなお洒落な蓋付きタイプのものなどを選ばれると良いです。

 

また、最近ではテラリウム用のガラス容器も出回り始めています。

 

湿度の加減を見ながら、蓋を開閉し調整するので、その口を覆うガラスの蓋も用意します。

また、生長するにつれ、必要に応じて相応しいサイズの容器に移しかえます。

テラリウム容器での育て方

  用土・植え込み

 

  ガラス容器に直接植え込むのではなく、その後の扱いが容易である為、手軽に鉢ごとテラリウム内に入れ込む方法をご紹介する

 

    水質浄化を意図し、容器の底にソフトシリカの「ミリオン」の粒剤を敷きこむ。

 

  更に水はけを良くする為、パーライト等を広げ、その上に水分を含ませ、軽く搾ったミズゴケを均等に

  並べ広げ全体で3層のベッドを作る。

 

  ここへ、中央に鉢ごと押し込み入れ、周囲をミズゴケの湿度で覆われるようにする。

水遣り

 

 テラリウム内は湿度が保たれる為、頻繁は水遣りは不要である。苗の様子を見ながら適宜行う。

 (1ヶ月に1~2回程度)

  

 テラリウムの底から水が抜ける穴がない為、たっぷり上げるのではなく、根に十分行き渡り、ミズゴケが常に

  しっとり保水するように管理をする。

 

 

施肥

 

小さな容器内で楽しむ為、成長を促すような肥料のあげ方は基本的に実施しない。

 

元気がなくなってきたら、「メネデール」などの活性剤を薄く希釈したものを葉面に散布する程度で十分である。